« 茅ヶ崎里山公園訪問とサザンビーチカフェ | トップページ | 蛍の里、温泉谷戸何とか熊川遡行でくたくた  »

2014年4月 9日 (水)

三浦半島買出し紀行 135

見る・聞く・歩く シニア女子の日々 4月9日(水) ミネカエデ 半分以上葉が開く パフィオ枯れてくる。

 削りのはじめは醤油さしの受け皿。これは軽く終わらせたのだが、中心がずれている。葱坊主の醤油刺しの削り。縦の筋をいれた。葱坊主の頭をきれいに削った。でも、ゆがんでいる。ゴブレットの中の削り。こんなのは前代未聞の手でしょうね。台座を大きくとったので、大きく思い切って削る。最後は先生のアドバイスでコンパスで丸を取り、針状の道具で切り出す。適当な大きさになったと思う。削りが多いので先生はあきれてみている。軽くするために線刻をいれてみた。
 1kgの粘土で芯たてをする。珍しく3回、でもおっぱい形にならない。でもやってしまおう。はじめに長い柄のゴブレットの柄を作り直したいので、そこだけ作って切る。接着は来週に。次にゴブレット。今回はそこが平たく上手にできた。中削りをしなくてもよい。残りで小さいたけのこの胴を作る。又残りで頭の部分を作る。逆さに置いたので先生が笑っている。常識のない人だ。2週後にもう素焼きなのだ。年、4回の焼成なのだそうだ。
 次回までに小室さんの花壷を作らなくっては。家でやるしかないかも知れない。
 買い物、農高でセロリ100円、ほうれん草100円、名前は忘れたがなでしこ科の植物の苗50円で6鉢。トマトは次回。 長い水産 カレイ380円、生シラス250円。かまゆでで食べた。やわらかくって父親に好評。塩キャベツ100円、わさび300円。ポイントで500円引きにしてもらった。

 今日の挙句
 探しても見つからなかった家があり ゆうメール使い お願いす
 

 
 

 

|

« 茅ヶ崎里山公園訪問とサザンビーチカフェ | トップページ | 蛍の里、温泉谷戸何とか熊川遡行でくたくた  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1490212/55712049

この記事へのトラックバック一覧です: 三浦半島買出し紀行 135:

« 茅ヶ崎里山公園訪問とサザンビーチカフェ | トップページ | 蛍の里、温泉谷戸何とか熊川遡行でくたくた  »