« 三浦半島買出し紀行 135 | トップページ | 本日の大仕事は手紙書き1通 »

2014年4月11日 (金)

蛍の里、温泉谷戸何とか熊川遡行でくたくた 

見る・聞く・歩く シニア女子の日々 4月10日 (木) さつきが満開!

 10時田浦駅集合、温泉谷戸と呼ばれる広い谷を歩き、かつてみたという珍しい名前も初めて聞くような羊歯植物の3種類を求めて何とか熊川の左岸を遡行。雨と雪の影響で足元の危ういこと。蛍の広場で12時、お昼、珍しい植物を見つけて戻ってきたのが3時半、わずか2時間しかいなかったのに、結構疲れた。沢蟹が元気で大人2匹、こども2匹見つけられた。
 戻ってきて、わき道へ1回、また下って右岸へ渡り、個人の庭から川の二股源流右岸に渡っていくとまたまた珍しいというなんとかネコノメという植物が花を咲かせていた。自分を除いて、みんな興味シンシン。
 4時ごろ家に電話してご飯のスイッチをいれるように頼んだ。この頃は7千だったのに、回りバスをして乗り換えて家についたら5時半。ビールを飲んでクシャミ・鼻水・目のかゆみのつらさがなくならない。くたくた、ごろごろ、ようやく桂枝湯を飲んだら落ち着いてきた。ご飯の片付けができたのは11時半すぎ。牛肉を煮て、スフレーをつくり、
風呂に使って就寝したのが零時半。
  
 今日の挙句
 春爛漫 どこを見ても 明るい色 体は膝の用心で 杉の洗礼 あらたかなり

|

« 三浦半島買出し紀行 135 | トップページ | 本日の大仕事は手紙書き1通 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1490212/55733536

この記事へのトラックバック一覧です: 蛍の里、温泉谷戸何とか熊川遡行でくたくた :

« 三浦半島買出し紀行 135 | トップページ | 本日の大仕事は手紙書き1通 »