« 昼はだらだら 夜はせっせと | トップページ | 膝対策の歩き、リハビリ運動開始、みかん受領 »

2014年4月21日 (月)

念願の山スキーの3日間と休養

見る・聞く・歩く シニア女子の日々 4月18・19・20・21日(金土日月) アメリカはなみずき咲く

 18日、車で送ってもらって山形へ。13時発 つばさ135号だったかな。4時着。10450円の旅費。こんなに高かったかしら。少し時間があるので市内散歩。友翔館を13分だけ見学。大正2年の西洋建築。線対称のきれいな建物だ。いつも6時のパーテーぎりぎりにいくのだが、今日は少し時間があるので見学ができた。画廊は山形市の一等地にあるのだ。とことどころに昔の遺構が残されていて時間の長さを感じさせる古い町なのだ。市役所もすぐそばだ。パーテーには今回は数は少ないが面白い方が参加。熊うち名人の話もじっくり聞くことができた。サッカーと同じ布陣というのが面白かった。弥生縄文の発掘調査を三浦半島でやったという人物にもであった。実際そんな人がいるのだということに感銘をうけた。
 赤坂遺跡をしらないというのにも驚き。ルッコラとマノアを喜んでもらえた。来年も持参できたらよいな。
 19日は6時朝食。7時出発。8時待ち合わせ場所着。馬見が崎川の両岸の桜が満開で素晴らしい道路を通り、東北自動車道へ入ったのがおまけの幸い。
 裏磐梯へはいり、ここはのどやかな田園風景。春はきたばかり。雪が見えない。ホテルは素晴らしいグランデコという所。チェックインは3時からなので、荷物を預かってもらって10時ごろから雑木林の中へ出かけてスケッチ、お昼をいただく。河地さんがガイドの練習。カヤさんはこわごわスキー散歩とスケッチ。さすがに省略がうまい。こっちは見えたものみんな描こうとして失敗している。2時に入れてもらって、後はゆっくりじっくりホテルでお風呂と夕飯。堅実な日本食。カヤさんの話に耳を傾けているみんな。聞かせる話があるからよい。面白い食器を見て他の芯でいた。
 夕飯の後は恒例のスライドショー。カヤさんスキーの昨年までの集合写真がたくさん写された。
 20日は迷ったが山スキー組みに入らせてもらった。高低差200mと聞いてもしかしたら大丈夫かもしれないと思った。ゴンドラ、リフトで降りて登り出す。リーダーはSさん。みんなゆっくりと言ってくれる。Yさんとすべるのも何年かぶりだ。相変わらず迷いのないすべり。道具に問題がなくただ、登り、下りでがんばった。河を3つ越したらげれんでも端にでた。ゲレンデの雪は重たいがまあ、平気。広いので困ることはない。
 約束の1時について、身支度を整えて蕎麦やで天ぷらそばを食べて解散!裏磐梯の入り口から東北自動車道へはいり。そのまま東京の西池袋に6時半に着いた。こーヒーを頂き、カヤさんの個展3Fでみて帰る。Sさんの車で杉田まで。いつもの通りと言っていたが記憶にない。困ったもんだ。
 21日は洗濯と後始末の一日。あちこちが痛い。使った証拠。漆畑さんから膝を鍛える道具が届いた。旭コーポレーションから膝をいたわる靴が2足届いた。やはり12時に寝るの生活に戻ってきたのだ。

 挙句
 久しぶり 雪とオオシラビソの 世界へ侵入 シュプールたのし 裏磐梯は
 

 

|

« 昼はだらだら 夜はせっせと | トップページ | 膝対策の歩き、リハビリ運動開始、みかん受領 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1490212/55880784

この記事へのトラックバック一覧です: 念願の山スキーの3日間と休養:

« 昼はだらだら 夜はせっせと | トップページ | 膝対策の歩き、リハビリ運動開始、みかん受領 »