« 三浦半島買出し紀行 129 | トップページ | 野田論フェア反省会参加 »

2014年2月20日 (木)

農高聴講生あと3回 みかんの剪定

見る・聞く・歩く シニア女子の日々 2月20日 (木) 雪の下のイタリアレタス大きくなって顔をだす

 12時に家をでて、工房Gで借りた棚4枚とブロック6枚を返す。Mさんが作業中、お邪魔をしてしまった。かける言葉はあったが飲み込んだ。どうも話しにくい。昨日、うさぎの絵葉書あげたのに・・・。まだ、先生からもらっていないのかな。
 午後の講義はかんきつ類の剪定の理論と実践。要は日光のとおりと徒長枝の始末。収穫の均一化を目指しての作業だという。人間くさい作業だ。実習はばんばん、切っておしまい。
 次回は畑の始末。次々回はイチゴ狩りのお楽しみ。最後は修了式。月日は早いものですね。来年の生きがいを探すようだ。

 今日の挙句
 枝きりの はさみの用法 知りそみて 剪定ばさみの名と実をしる
   

|

« 三浦半島買出し紀行 129 | トップページ | 野田論フェア反省会参加 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1490212/55074412

この記事へのトラックバック一覧です: 農高聴講生あと3回 みかんの剪定:

« 三浦半島買出し紀行 129 | トップページ | 野田論フェア反省会参加 »