« 羊毛でフエルト手芸教室 | トップページ | 2万歩としはじめの神社参り »

2014年1月 9日 (木)

農高聴講生33回目 椎茸栽培こまうち

見る・聞く・歩く シニアジョシの日々 1月9日 (木) かまきりが見当たらない。落ちてもいない。

 12時出発で33回目の聴講生。レポートがだせて一安心。次回はテストだと!。あんまり難しくはないそうだ。真面目にやっていたので、きっと楽勝!
 今日は収穫の他に椎茸栽培についての理論と実習。
 1本400円のほだ木(何と言う名前の木か聞きそびれているよう)が90本。これに縦は25cm間隔、横には5cm間隔で電気ドリルで穴を空け、胞子をいれた駒をかなづちかおいいれのみで打ち込んで行く。1本は結構重い。今年の秋にでてくれば一番よく出てきた人、来年の秋、再来年の秋には椎茸が楽しめるそうだ。一番適した場所は湿度、温度で浴室が一番という。水遣り管理が難しそう。といっても、自然に負かせでも良いと思う。
 駒うち終わりを家に持って帰って来た。父親にやってもらおう。

 今日の挙句
 金目鯛  食べられるはずが 大残し いつもの缶詰 出番があって

|

« 羊毛でフエルト手芸教室 | トップページ | 2万歩としはじめの神社参り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1490212/54551207

この記事へのトラックバック一覧です: 農高聴講生33回目 椎茸栽培こまうち:

« 羊毛でフエルト手芸教室 | トップページ | 2万歩としはじめの神社参り »