« 三浦半島買出し紀行125 佐島 | トップページ | ほんの一塊で5千本のアイスチューリップ見学 »

2014年1月16日 (木)

農高聴講生34回目 炭の窯だし

見る・聞く・歩く シニアジョシの日々 1月16日 (木) イタリアレタスが元気に育っている

 午後から農高34回目、易しいと言われた3学期のまとめのテスト。品種を問われたテストはコマツナや春菊、ほうれん草などが分からなかった。意味の説明ではキャリアン貯蔵についてが分からなかったので、いい加減な説明しかできなかった。1日10日とか祭りまでに大根は蒔けとか大根十耕とか大根に関する質問が多かった。さすがに大根の産地の高校なのだと思った。
 2時限目が炭焼きの掘り出しと穴埋め。生焼きの竹と焼きすぎの竹と生焼けの木ができた。ちょっとがっかり。どこの班も成功していない。半分、灰になった所もあった。難しい所なのだ。後で対流させる話がでてきていたのがさすが大人の考えだ。
 TVで女装の男性が認められているメキシコの町の話があって、最後まで1時間番組をみてしまった。女装の男性の言い方をもう忘れてしまっている。自分らしく愉しくと言う人生観から言えば性同一性障害を苦しむ必要はないということなのだ。そこでは自由になれるのだ。他の人も生き易いはずだ。

 今日の挙句
 看護士の 仕事に就くと 聞いた子に 自然は誰も 傷つけないと
 

|

« 三浦半島買出し紀行125 佐島 | トップページ | ほんの一塊で5千本のアイスチューリップ見学 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1490212/54635100

この記事へのトラックバック一覧です: 農高聴講生34回目 炭の窯だし:

« 三浦半島買出し紀行125 佐島 | トップページ | ほんの一塊で5千本のアイスチューリップ見学 »