« 6年ぶりの同窓会 | トップページ | 東日本大震災の被害者に向けてチャリテー販売に行く »

2013年12月 2日 (月)

宴の後始末

見る・聞く・歩く シニアジョシの日々 12月2日(月) 濃いエンジ色の菊の花が咲き出した。

 午前中は宴の後の後始末。夕べから探していた領収書は結局お金と一緒に見つからないのだと分かった。随分時間がかかって分かったのだ。自分でも呆れてしまうくらいの忘れ方。夜は3回くらい車に探しにいったのだ。朝一番に今まで探してなかったところを探した。最後に車の後部でEさんと話していたときに、箱の下に自分で入れたのだ。そこを探したら、ビニル袋ごとでてきた。警察に行かなくってよかった。
 計算書をエクセルで作り始めたのだが、途中から自動計算しなくなる。やっぱりそろばんだ。2000円あわないけれども何とか残金を処理して、自分とSさんの立替分をもらった。
 昨日のお客様へお礼のメールを差し上げて、来年の観劇などの連絡をしていたら一日が終わってしまった。
 月は食品が来る日でその始末の仕事もある。父親は家の北側の土台にひびがはいっているのを見つけて生コンクリートを作って流し込んでくれた。自分がいなくなってもよいように入る間に家の周りの補修をしてくれるつもりなのだ。何ともなんでもできる人だ。自慢ができるよ。

 今日の挙句 正子様からいただいたつばらつばらというお菓子にちなんで

 浄妙寺 つばらつばらに 師へ語り 過ぎにし 学び 思ほゆるかも

 本歌
 浅茅原 つばらつばらにもの思えば ふりにし 郷し おもほゆるかも 大伴旅人 巻き3の 333番か

|

« 6年ぶりの同窓会 | トップページ | 東日本大震災の被害者に向けてチャリテー販売に行く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1490212/54128172

この記事へのトラックバック一覧です: 宴の後始末:

« 6年ぶりの同窓会 | トップページ | 東日本大震災の被害者に向けてチャリテー販売に行く »