« 友人の夫の実母の逝去 | トップページ | 農高聴講生 28回目 イモ洗いとポスター作成 »

2013年11月20日 (水)

三浦半島買出し紀行 121

見る・聞く・歩く シニア女子の日々 11月20日(水) 晴れ 良い天気 富士山も上7合目くらいまで雪被り。

 Mさんの車で工房Gへ。行きと帰りで200円の道路代が乗用車だったので、余分に払った。軽が安いのは何故かな。貧者用だからでしょうか。
 作って暫く濡れタオルに入れておいた小さなふたつき壷の底削りと蓋けずり。蓋は結構我慢の時間。一つは折角うまくできたのに、落としてつぶれてしまったので、粘土で補強。うまくいくかな。疑問。一つは広く作った口が取れてしまった。ここも粘土で補強。触ってしまったのかもしれない。ドキっとする出来事が2件もあった。
 家で夕べ作った葉子へのひな祭りのプレゼントは目を可愛く丸くしてやった。手のりんごには葉っぱをつけてやった。頭には髪飾りを。何となく愛らしい人形になった。また、今日ノートつけの時にカール髪の男と名づけたトルソーははじめの予定の男性にしてやり、帽子の丸みと飾りをとってやった。顔立ちがとんがっているので、他の人は女性に見れくれなかった。それならと男性にしてやった。背中に水入れを作って一輪挿しにしてやった。こんなことは面白い物だ。
 箸洗いの器を作ったのを完成させた。うまくできるかどうか分からない。計画を立ててやったのではなく。思いのままなのがすごく自分らしい。さっきの人形2体もそうだ。指が勝手にうごいてゆく。

 買い物は2人で長井水産だけ。サンマ1匹200円、カマス2匹290円、玉ねぎ170円、マグロのたたき1200円、ウインドーにはいってなかったのを無理やり出して貰った。先週は2度もいったのだから、店員の気の毒がって出して貰ってくれた。紅鮭の切り身200円を2切れ。
 
 夜はサンマの塩焼き、明日の朝は鮭の塩焼き、明日の夜はかますの塩焼き、塩分とりすぎでしょうかね。

 今日の挙句
 探し物 未だ見なくて 明日から どうして買い物できようか

|

« 友人の夫の実母の逝去 | トップページ | 農高聴講生 28回目 イモ洗いとポスター作成 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1490212/54001974

この記事へのトラックバック一覧です: 三浦半島買出し紀行 121:

« 友人の夫の実母の逝去 | トップページ | 農高聴講生 28回目 イモ洗いとポスター作成 »