« 倉庫の壊しを見守る | トップページ | ウミウシの彩色と聴講生 »

2013年10月 2日 (水)

三浦半島買出し紀行115

見る・聞く・歩く シニアジョシの日々 10月2日 (水) 豆腐の日ですって 

 素焼きができていたので、紙やすりで底削り、底の蝋付け、ウミウシの名前つけ、鬼いたで。白萩でバラのテープカッターと三つ足花瓶で施釉。とってあった蓋に織部、3つ薬味いれにも織部をかけた。テープカッターの2つに呉須で、小網代秋草の実曼荼羅のような模様をつけてやった。模様の一つ一つにあんたは誰と言ってあげられる。中央には勿論かにを描いた。
 昼はカレーを食べて貰った。あんまり美味しくないのだ。今度またおいしい物を作ろう。
 農高でくうしんさい(100円)を2束買ったので、ほうれん草とレタスと一緒に茹でてコンソメ味の寒天ゼリーとそばつゆ味の寒天ゼリーを作った。白い花を70円で5つ購入。空いている地面を埋めてやろう。
 長井水産、北海道厚岸の生さんま190円2匹、紅鮭はらみ120円2きれ、シシャモ2パック298円、お買い得美味しい、なっちゃんに1パックあげた。マグロのすきみ高いほうが品切れ。しらすの生250円、茹でて釜揚げ状態にしてやった。父親が軟らかいというので良かった。サンマは珍しく半身を全部食べた父親、新しく油が乗っているから食べられたとのこと。正直な人だ。明日の朝もと言ったけれども良い返事はなかった。
 明日も工房へいくので、その準備。農高のメモは今晩中に完成させなくてはいけない。

 今日の挙句
 小網代の 草の実曼荼羅 呉須で描き 良い柄ができたと 自己満足す
 コケ盆栽 何とか 生きて 作品展  飾っておくれ 私の机

 

|

« 倉庫の壊しを見守る | トップページ | ウミウシの彩色と聴講生 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1490212/53468959

この記事へのトラックバック一覧です: 三浦半島買出し紀行115:

« 倉庫の壊しを見守る | トップページ | ウミウシの彩色と聴講生 »