« 川崎駅前本町22の9を尋ねて | トップページ | 秋晴れ 蒲団干し »

2013年9月25日 (水)

三浦半島買出し紀行114 素焼き寸前

見る・聞く・歩く シニアジョシの日々 9月25日 (水) 小雨 止む またこさめの台風20号がらみの一日 アオマツムシまだ、元気!

 轆轤で厚くひいた円盤をおって、柏餅にする寸前で止めて、テープカッターつくりの続き。広すぎるので濡れタオルで湿らせ、しばらく置いてから狭める作業。まだ広いので、車軸受けのようなものを2箇所つけてやった。後はうすくぜんたいに削って、磨いてお終い。タコから草のような江戸のそばちょこ模様で全体を埋め尽くしてやろう。
 醤油差しを目標に2つ作った。どう考えても注ぎ口はある程度乾いて、底削りがおわってからのような気がするので、胴と蓋をこしらえた。今度の蓋は下の円筒形が長いものを作った。はずれないようにね。夜、家で使っている送油刺しの口を型紙でつくり、スケッチもして、次回に万全の準備。といっても次回は絵付けと釉薬付けだ。当面口作りにはいかないかもしれない。先生はそれどころではなく、忙しそう。

 買い物。農高では野菜がくうしんさいしか残っていないので、ナデシコ70円を10ハチ購入。長井水産ではカマス2匹370円、マグロのたたき1200円、オクラ100円を2つ。紅鮭の生を2切れ、120円×2、冷凍毛蟹1000円、子持ちちしゃも298円、破格の値段。10匹のセットが2つ。夕食に5匹、美味しかった。毛蟹は自分へのご褒美に食べよう。生わさび110円。
 
 今日の挙句
 大地を 黒雲覆う 中走る 芽だしの土をカンレイシャの白
 

|

« 川崎駅前本町22の9を尋ねて | トップページ | 秋晴れ 蒲団干し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1490212/53386861

この記事へのトラックバック一覧です: 三浦半島買出し紀行114 素焼き寸前:

« 川崎駅前本町22の9を尋ねて | トップページ | 秋晴れ 蒲団干し »