« 先に逝ってしまったNさん | トップページ | 夏の終わりのお買い物 »

2013年8月18日 (日)

国立小劇場 稚魚の会と?の合同公演鑑賞

見る・聞く・歩く シニアジョシの日々 8月18日 (日) 晴れ 三宅坂付近は緑が多かった。

 10時家、発、10時55分菊名着 Kさんいであって、乗る予定の11時04分発の飯能行きに乗っているとき、蚊取り線香の電源を切ったかどうか不安になったからということで、大丈夫という私の声もむなしく、家に戻っていったKさん。結構、心が弱っている感じ。不安に耐えられなくなっている。論理的に話しても駄目。それこそがストレスなのだね。不安を取り除く作業をしなくてはいけないのだ。
 半蔵門で降りて本屋とパーラーで時間をつぶし、半蔵門駅の前で40分遅れのKさんを捕まえた。
 国立小劇場では知人がめでたい三番叟を踊っていた。あんまり意味はわからない。2つ目の演目は明治以降の歌舞伎の演目、岡村綺堂の修善寺物語。言葉がはっきりしていて、分かりやすかった。
 次の演目は遠慮して新宿西口行きのバスにのる。新宿ライナーで帰ろうかと思ったが、新宿3丁目に東横線が乗り入れはじめたことを思いだし、バスの中から新宿3丁目を見つけて降りる。伊勢丹の中をとおり、二度と探せない道をたどり、駅へつく。周りの景色が見えない都会の駅だ。結局、急行に乗れて横浜でおりて5時10分に帰宅。ほっとできた。

 今日の挙句
 見も知らぬ 街中 バスは走り行く プチ旅行の気分 味わう 

|

« 先に逝ってしまったNさん | トップページ | 夏の終わりのお買い物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1490212/52933963

この記事へのトラックバック一覧です: 国立小劇場 稚魚の会と?の合同公演鑑賞:

« 先に逝ってしまったNさん | トップページ | 夏の終わりのお買い物 »