« 三浦半島買出し紀行 98 イチゴが終わり | トップページ | 自由な一日と言えども・・・・! »

2013年6月 7日 (金)

農高社会人生 9回目 芋植え

見る・聞く・歩く シニアジョシの日々 6月6日 (木) くもり 杏の落ちたのを拾う 食べる あんずの味 ホトトギスの飛ぶ姿を見る

 農高9回目 今日は1本18円のベニアズマ、安納芋を100本、植える日。芋について講義のあと、一般管理と観察、芋植えの手順だ。
 葉ものは全部採ってしまう。ここにほうれん草をまくと言う子と論議。やはりここは畑の性質が違うので駄目とわかったらしい。
 つるなしインゲンの葉に裏に黒いアブラムシ、ニカノメイガという名前の黄色い卵がならんでついている。先生はそういうがトウモロコシにつくというのがインゲンの葉の裏に卵?という私。いずれ、答えが出るだろう。インゲンの葉の裏に手をやってつぶした。くもやアブラムシが嫌いな農高生Kさん。一緒にコマツナと株を蒔いた。
 ベニアズマ・安納芋は5cmの間隔で筋のついた畑においていき、ごろごろの石状態の土を被せて行く。葉柄までかくれるようにと先生がいったのに。聞いていない人ばかり・・・。
  帰りにまた杏を拾った。家でジャムにして食べよう。
 すかなごっそで葉山牛を購入。日曜のため。早くかえってくれたら3時半の劇場に間にあうかもしれない。遅くなってもいけばよいことにする。

 今日の挙句
 今年初 飛ぶ姿みる ホトトギス 縄張り 宣言 かの方もぞや 
 

|

« 三浦半島買出し紀行 98 イチゴが終わり | トップページ | 自由な一日と言えども・・・・! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1490212/51945091

この記事へのトラックバック一覧です: 農高社会人生 9回目 芋植え:

« 三浦半島買出し紀行 98 イチゴが終わり | トップページ | 自由な一日と言えども・・・・! »