« 友あり、遠方より助けに来たり、 | トップページ | 三浦半島買出し紀行100? »

2013年6月26日 (水)

病気見舞いの昨日

見る・聞く・歩く シニアジョシの日々 6月25日 (火) 曇り 東京の午後は小雨

 午後から病気で足が動かなくなってしまったNさんを見舞った。それ以外の癌は少し小康状態らしい。食べ物は大丈夫だが、人の世話に成らなくてはいきてゆけない。それなのに、病院では3ヶ月になろうとしているから次の場所を探すように言っているらしい。まさに癌難民、病気だから介護保険の適用も出来ない。痛み止めの薬は飲んでいるし、排尿、排便はお世話になっているのだ。救急で病院へ2月25日ごろ来て、それっきりなので、車椅子またはストレッチャーのままでもいいから一度、家に帰りたいと話していた。母の時はそれが最期の望みで回りの人間たちの、特に病院側の。そんな感じで家に帰ったら、体の状態がいつもと同じで無くって、体力を消耗したらしく、病院へ帰ったらすぐに危篤になってしまった。そんなことは話せなかったが、家に帰っても誰も世話をしてくれないのなら
どうしたらよいのでしょう。聡明なNさんでも分からないと言っていた。当たり前でしょう。3年前まではいたって健康。こんな状態になることなんて考えがおよばなかったんだから。みんなその時が来て、慌てるんですね。
 ホスピスも間に合わなかったAさんのこともあるし・・・。あれから7年、医療体制はちっとも、変わってないんですね。

 昨日の挙句

 お孫ちゃん 土産を渡す 気配りの できた友です 病人見舞い 

|

« 友あり、遠方より助けに来たり、 | トップページ | 三浦半島買出し紀行100? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1490212/52187954

この記事へのトラックバック一覧です: 病気見舞いの昨日:

« 友あり、遠方より助けに来たり、 | トップページ | 三浦半島買出し紀行100? »