« | トップページ | ガーデニングの一日 »

2013年6月30日 (日)

公文書館主催 古文書解読初めて講座3回目

見る・聞く・歩く シニアジョシの日々 6月30日 (晴れ) クレオメ大いに咲く

 8時50分ごろ、孫が来るで大騒ぎ。半年ぶり。よく老人の繰言を聞いてくれる優しい人なので歓迎する。選挙は後回し。朝から本日までの会計の締めの件で代表と電話でやり取りしていて、ネット検索で一日休日やっているATMを探したりで、大慌て。普段の心がけが問われるのだ。
 客を置いて10時発。逆向きに走ってしまい11分と100円の無駄。公文書館では本日特別に館内の施設開設をしてくれるというので、友達を呼んでいた。壊した家の関内の屋根裏にあった論語の明治時代の印刷物をここに寄付してあるのだ。10万点に及ぶ官製の文書を1%ほどに減らしてとっておくという。保存のやり方など細かい点を教えてもらった。請求すればみせてくれることも。ぶななどの木でできている古文書の書庫もあった。桐の箪笥にはそれなりの素敵な古文書が収納されていた。
 友達とお昼を裏山で食べてお別れ。
 午後は関東大震災についての日記を2人の方の分を読み進めた。珍しい姓の方だ。大豆生田さんという。
よく解説してくれていたが前半は寝ていた。後半は目覚めてしっかりと話を聞いていた。9月以降も県広報で講座のい開設が告知されるという。車で40分は嬉しいのでまた、参加してみようと思う。

 今日の挙句
 締め切りの 会計年度 ぎりぎりに トラスト協会 会員費 支払うATM

|

« | トップページ | ガーデニングの一日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1490212/52251068

この記事へのトラックバック一覧です: 公文書館主催 古文書解読初めて講座3回目:

« | トップページ | ガーデニングの一日 »