« 耀く葉子さん初お目見え | トップページ | 鎌だしの期待はずれと通りの日 »

2013年5月28日 (火)

昨日のデコパージュと真葛岡ハイク

見る・聞く・歩く シニアジョシの日々 5月27日 (月) 晴れ さわやか 松葉牡丹と蕎麦の花咲く

 女子会のオプションで山手のクリスマスデコレーションでみた及川さんのデコパージュの展示会を鎌倉古民家ミュージアムでやっていると案内がきたので、これる人だけで行って見た。素晴らしいの一言。使っている家具の形は西洋のロココ風。使っている絵もミーシャは現代だが、17世紀ころと思われる西洋の風景・人物・が花鳥が多い。今回の試みとして和の世界のデコもあった。だが、やはり洋風がよい。日本には押し絵という文化があるのだから。丁寧に説明をしていただいて、苦労と工夫と時間とお金がかかっている。何よりも情熱がかかっていると感じた。
 それから小倉亀遊さんの家の門を探していくと御老人が車止めから出て行くところ。そこがそうか確かめさせてもらう。上品な様子の方だった。そこから真葛岡ハイクの道をたどる。空気がきれい。こちらは太りすぎでぜいぜい。子どもも通る。老人も通る。黙って涼んでいる風の方もいる。
 真葛神社で休憩。広い道で車も置いてある。お昼を食べて、おしゃべりをして、銭洗い弁天の方に下る。昔はこのあたりに住んでいたと言うOさんの話が面白い。福ちゃんの広い家が紀伊国屋になったんですって。「鎌倉今・昔」と言うタイトルで随筆が書けるわよ。とお勧めする。
 途中の川の石垣に生えている草、この間に採取したものなので、ツタバウンランと言うのだそうだ。一つ役に立った。
 不二家で餡蜜で再会を約束をして別れた。Iさんが家庭菜園をやっているって。楽しい仲間が増えた。

 今日の挙句
 疲れ果て 食べては眠る この夕べ 明日へまわす 今日のこと

 r

|

« 耀く葉子さん初お目見え | トップページ | 鎌だしの期待はずれと通りの日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1490212/51805004

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日のデコパージュと真葛岡ハイク:

« 耀く葉子さん初お目見え | トップページ | 鎌だしの期待はずれと通りの日 »