« 病気見舞い | トップページ | 農高聴講生7回目 »

2013年5月15日 (水)

三浦半島買出し紀行 95

見る・聞く・歩く シニアジョシの日々 5月15日 (火) 晴れ さわやかな日 ニントウ、ノイバラ咲きだす。

 カップの絵描きの続きの作業、蕎麦せっとの絵描きの続きの作業、その後、カップの絵に白い釉薬をかける。出来たら円形に、でもほとんど出来ない。その上に被せるのは蝋の予定だったが、少なく、使いたかった円の枠がうまく出来なかったので、筆で撥水剤をぬることにした。案外あっけなく終了。円になっていないことの悲哀をきっと痛いほど、できあがったら感じるに違いないと思いながら、円にならない円を描くように塗っておいた。
 その後、カップの中に白萩をいれ、こぼす。逆さにもって、縁から5mmほどのところにも中の白萩がくるように釉薬をかけた。これだけでも、青い色の撥水剤と薄茶の素焼きのカップは素敵に見える。やいたらどうなるのか楽しみ。名前は「森の仲間たち・・・色紋つきの着物から・・・」とでもつけてみようかな。
 蕎麦セットの中心的な釉薬はまだ、決めていないが鬼いたとごすの色が目立つ釉薬を選びたい。以上は来週のお楽しみ。
 うみうしを3つ色付けをした。コールマンはごすと黄色、橙、黒に。象牙色ウミウシは白萩と黄色と紫に塗った。サキシマミノウミウシは白の体に黄色と橙の色を縫った。これも本焼きは来週。
 カップの表の色は小豆、鶸、瑠璃の予定。どうなるやら。少し厚めの釉薬でよい。

 買い物、農高ではトマト200円、スナップ遠藤00円、蚕豆200円でした。蚕豆は茹でて牛乳とチキンスープでミキサーにかけて、塩味で整えて夕食に。結構美味しくて父親も飲んだ。
 長い水産では鯵4匹310円、これが天ぷらに。骨は味噌汁の出し。鰯のマルボシ500円、きゅうりの塩漬け100円、いくら塩漬け780円。蚕豆が先週おいしかったけれど、もう買ったので止める。
 嘉山農園、イチゴ中が450円になっていた。また、Aの追加で4パックで1200円というのもあった。300円とお安い。その代わり、粒はバラ。早速、家で食べ放題。

 家で今日の反省と書いて、ウミウシの予定を書き込んだりした。20種くらい、つくるつもり。文鎮として役立たせて欲しい。本3冊、リストを印刷して次の準備。薬のせいか結構元気。

 きょうの挙句

 丸つくり 紋に似せたい 陶こころ おおまか性格 凶吉いかに

 

|

« 病気見舞い | トップページ | 農高聴講生7回目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1490212/51641642

この記事へのトラックバック一覧です: 三浦半島買出し紀行 95:

« 病気見舞い | トップページ | 農高聴講生7回目 »