« 三浦半島買出し紀行 96 | トップページ | YOー1の初日 »

2013年5月23日 (木)

聴講生8回目茄子の話

見る・聞く・歩く シニアジョシの日々 5月23日 (木) 晴れ スイカズラ ネズミモチ花盛ん

 いろいろなことが見えてしまった今日の学習だ。なすの芽のこしと秋茄子の収穫に向けての強制更新選定の館が初知見。家でも実践してみよう。茄子は収穫の半分しか売れるものができないとは、知らなかった。昨年の家の茄子もそうだった。花や実のつき方で栄養過多、追肥の必要がわかるとはこれも新知見。

 トマトの芽欠きはやはり先週はやりすぎで、今日のメニューにあったのだ。その上、クラブの皆さんはトマトの3本仕立てを考えているのだが、学校側はあんまり考えていないらしい。
 今日やった土寄せも来週のメニューらしい。一部の人間しかやっていないことに違和感がある。自分がやるではなくて、教えてやらせる立場なのを忘れているらしい。見ている人間が多くて気になる。学校の生徒は先生とのしゃべりが楽しそうだが、違う高校の生徒はそこまで、行かない。結局、農業は一人の仕事に向いているのだ。
 前種類の記録をとるのにもう抜いてしまった葉もある。ほうれん草はPHが悪く抜き取って石灰まき。先週採った所には新しく水奈とチンゲンサイを植えていたが、どうしてそうなったのか分からない。これがずうと続くのだ。なれなくってはいけない。
 トマトを2袋購入、苗も2種類購入、自分でもやってみよう。余ったエダマメの苗も貰ってきて植えてみた。大丈夫かな。

 今日の挙句
 エダマメの葉裏に巣くうアブラムシ 銀リボンで こないを期待

 

 暇なので、雑草とりと雑草に記録をしていた。実習なのだからみんなに分かるようにやりたいものだ。見ているだけで学習になっているのかもしれないけれども・・・。  

|

« 三浦半島買出し紀行 96 | トップページ | YOー1の初日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1490212/51748574

この記事へのトラックバック一覧です: 聴講生8回目茄子の話:

« 三浦半島買出し紀行 96 | トップページ | YOー1の初日 »