« 花粉避け生活 | トップページ | エクセルやっと少し慣れてきたよ »

2013年3月10日 (日)

おひなさまと吊るし飾り展

見る・聞く・歩く シニアジョシの日々 3月10日(日) 68年目の東京大空襲の日 花粉症状最悪 くしゃみ連続 目の痒み

 10時半、北鎌倉駅集合がかかりいそいそと出かける。逗子駅で乗ったエアポートで座ろうとしたら隣に今日お目にかかるOさんが座っていた。奇遇ですな。ビックリ。北鎌倉でしばらくおしゃべり。
 KさんもNさんも来ると言う。メールには書いてなかったのでビックリ、安心。Kさんには持ってきたベコニアの陶彫を差し上げよう。
 古民家ミュージアムで入ろうとして、シニア割り引きをきいてみたらないという。しかしJAFのラベルが貼ってあったので、会員証を出して、割り引いてもらう。シニアへの特典を味わったら、どこでもあるような気がしてしまう。
 鎌倉時代から江戸、明治の大きな壇飾りや内裏かざりがあった。古いものが多く、衣装は退色しているものが多かった。大名雛は着物を織から注文して作らせたというから贅沢なものだ。吊るし飾りはこのごろどこでもよく見かける。Tさんは今年は家に飾らないという。どうかしたのかもしれない。100個も吊るしてあるのだが、値段が万とつくものもあり、手間暇を惜しまないで作ったものなので仕方がないかとも思う。自分で作ったほうが楽しそう。あmっまりやる気はないのだが・・・。
 小倉きゆうさんの家を教えてもらったら、しっかりした道があったので、銭洗いまで30分との案内もあったし、そこをいくことにする。隠れ家的な家が多く、陶芸のできる家もあった。ちょっとだけ覗く。煎茶手前をやっていた。全て予約なのだろう。
 急な上り坂と少し南へ下がりそうな道があったので、下がる道を行く。急な道でスミレなども咲いていたが少しスリルがあった。ハイキングシュウーズはこんな時のために履いて来たのだ。といっても一番怖がったのが私。予想とおりに扇が谷にでた。線路の側を行けば英勝寺、太田道灌の住居の合った所だそうだ。由緒ありそうなお寺だった。入ってみたかったが同行の方々の趣味があまり分からなかったので、積極的には誘わなかった。扇が谷から小町通りを見通せる道で新しげなパスタの店に入る。この近所に3軒ものパスタ店がある。海鮮のパスタを頂、白ワインを飲む。くしゃみ、鼻水最高潮。みんなは美味しいと食べている。親しい中にわってはいっている状態なので、話が見えないことが多い。それは仕方がない。歴史がないのだから。
 鎌倉野菜を買うという方々と二の鳥居周辺で別れて家路へ。

 今日の挙句
 車だし 困っていると やってくれ 奥様に挨拶 ありがたく
 
 

|

« 花粉避け生活 | トップページ | エクセルやっと少し慣れてきたよ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1490212/50694825

この記事へのトラックバック一覧です: おひなさまと吊るし飾り展:

« 花粉避け生活 | トップページ | エクセルやっと少し慣れてきたよ »