« 白梅の香立て | トップページ | さやえんどうの支柱立て »

2013年2月20日 (水)

三浦半島買出し紀行82

見る・聞く・歩く シニアジョシの日々 2月20日 (水) 晴れ 穏か 雪が残る。

 工房へ持って行ったのはかにの一輪挿し3つ、白梅、この辺では咲かない黄色い湿地が好きな花、名前は度忘れの5つ。白梅が折れたので、手直しに手間どり、11時ころから、前回のカップの底削りをはじめる。斜めにそこを切ってしまい、いくらやっても高台が綺麗な円にならない。はじめの作りがかに最後まで響くか身にしみる。何とか高台を削ってもう12時だった。カップの蓋を削り出したのだが、厚くって時間がかかる。大きさもあわない。そこを何とか来週、また、頑張りたい。持ち手も付けたいし、つまみもかにで作ってあるのだ。やっと形は悪いが薄いコーヒーカップが出来ている。修行がつめたところで、もう一度、同じものを作り直すのも良いアイデアだ。

 昼は早く終わったMさんにご苦労いただいて、先週からのワンタンを完食。おいしく頂きました。
 午後の農高はお休み。原田さんで大きな蕪ひび割れしていて2つで50円、青くび大根100円。長い水産でさば500円、南蛮漬け100円、からし菜漬け100円、人参大2つ100円、ほうれんそう100円の買い物。
 帰ってきたら畑が掘り返してあり、父親の農作業復活に喜ぶ。完全復活だ。よく食べる。大丈夫かな。

 今日の挙句
 掘り返し 土の黒さに 父親の 風邪の復活 見てとれ嬉し

|

« 白梅の香立て | トップページ | さやえんどうの支柱立て »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1490212/49540249

この記事へのトラックバック一覧です: 三浦半島買出し紀行82:

« 白梅の香立て | トップページ | さやえんどうの支柱立て »